レッツドラマチック

今日から新しい現場が始まります。
場所は東京の清澄白河。
現代美術館にほど近く、ブルーボトルコーヒーの一号店がある通り沿いで、下町と寺町の風情があるところ。
板金屋さんの作業場だった一階部分を眼鏡店に改装します。

名は「ドラマチックトウキョウ」。

今年の初め、お店の骨格となるコンセプトづくりがスタート。
5月には物件が決まり、実施設計とブランディングに着手。
そして、今日に至ります。

お店の広さは約28㎡(約8.5坪)。
アルミサッシが入っていたファサードの大開口はそのまま活かし、新たに真鍮引戸が入ります。
店内は白を基調に、フィッティング用のお化け鏡、個性ある什器でコーディネート。

それでは新たな月のスタート。
レッツドラマチック。