器具付け

工事はいよいよ終盤戦。

この日は、終日器具付けの立会い。

窓際の席にベンチが入る。

背もたれはタモ、座面はワンポイントカラーのクッション生地。

それぞれセパレートして漆喰の余白を与えた方が、それぞれの質感が活きて凛とする。

ケーキを陳列するディスプレイケースは、レジカウンターにビルトイン。

ガラス面の下にある冷却装置は腰壁で隠して、ケースの存在感を希薄に、ケーキは主役に。

カウンター内には、様々な厨房器具が並ぶ。

毎日使うものだから、作業台ひとつとっても、置くものに応じて高さや奥行を変え使い勝手よく。

本店のカウンターに入り、事細かく採寸していたころが懐かしい。

白を基調にしたトイレは、窓が小さくても、照明を付けずとも明るく感じる。

「珈琲音 atelier」には、来店されたお客様をもてなす飲食スペース、生豆の焙煎スペース、店名にあるケーキや焼菓子をつくるアトリエスペースがある。

華やかな飲食や焙煎スペースに目が行きがちだが、バックヤードのアトリエこそ店主の映し鏡。

店主が効率よく作業するため、最善の機器を選定・レイアウトしたアトリエの広さは6畳とコンパクト。

真新しい機器たちが稼働するまであと少し。


home|journal


 
Copyright 2021 yamajuu sekkei. All Rights Reserved.