食えないやつ

玉切りされてやってくる薪は、真っすぐで割りやすいものばかりではない。

特に枝分かれした部分は、年輪が複雑に入り組んでいて、割りずらく、体力と気力が奪われる。

薪割りしていても、手を付けたくないから自然と溜まってゆく。

そんな食えないやつらは、いつもチェーンソーで細かく切ってしまう。

しかし、細かい薪はサイズがバラバラなので、薪棚に積み重ねて保管するのが難しい。

大きなメッシュパレットが置けるところがあれば良いが、そんな広い庭を持ち合わせていない。

こんなとき重宝するのが、もみがらを入れるメッシュ袋。

メッシュ袋は、ポリプロピレン製よりポリエチレン製の方が丈夫で通気性も良い。

チャック付きだから横向きでも置けるし、虫も入りずらい。

細かく切った薪の他、薪割りしたときにでる木っ端や皮、枝などの保管にも使える。

メッシュ袋は、雨が掛かりにくい軒下スペースで保管。

薪ストーブが使いたくなる10~11月頃は細かい薪から使い、綺麗に積んだ薪棚には手を付けないようにしている。

街なかの限られたスペースだからこそ、薪の種類に応じて整理整頓。