通り土間の家

鹿沼市の郊外に建つ若い夫婦と子ども2人の家。小屋裏空間を広くとるため非対称の切妻屋根を掛けた外観は、南から東に連続する庇を設け、締りと立体感のある表情に。薪ストーブがある通り土間から、リビング・ダイニングへの表動線、クローク・食品庫・キッチンへの裏動線を計画した。キッチンの隣には室内物干場、通り抜けた先に家族みんなのクローゼットと洗面脱衣室があり、炊事・洗濯・物干・収納・身支度の生活動線を近距離でまとめている。

所在地: 栃木県鹿沼市
家族構成:夫婦+子ども2人
工事種別:新築工事
延床面積:121.72㎡(36.74坪)
竣工:  2019年
施工:  無垢杢工房イケダ
受賞歴: 第32回とちぎ県産材木造住宅コンクール 優秀賞受賞